Don't Worry , Be HANPEN !

半片ブラザーズ待望の10曲入りフル・アルバムがついに完成!
サポート人も豪華な顔ぶれで、納得の行くまで楽しみながら創った一枚です。
「今日も頑張った。缶ビールでも買ってプハーっとやりたい。そんな気分のときこそ聴いていただきたい。」半片ブラザーズ

2.  旅烏(たびがらす)

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

風になって 考えたのさ 

あの雲は つかめるかもしれない

海になって 感じたのさ 

世界は全部 幻かもしれない

 

チャンネルまわせば 評論家が不安を煽る

パソコンの中ではもう 戦争が始まった

 

あくせく回る世界中を 

僕達だけが旅をする

どこにいたって 過去も未来も 

僕達だけは 旅ができる

難しい事は よく分からない 

そんな僕らは 旅ばかりしてる

 

君に会って 考えたのさ

あの夢は つかめるかもしれない 

星になって 感じたのさ 

世界はやっぱ 幻かもしれない

 

チャンネルのぞけば 

顔ナシたちがやたらに煽る

パソコンの中ではもう 

殺し合いが始まった

 

あくせく回る 世界中を 

僕達だけが 旅をする

どこにいたって 過去も未来にも 

僕達だけは 旅ができる

肝心な事は いつも藪の中 

飛び越えながら 旅ばかりしてる

 

間奏

 

あくせく回る 世界中を 

僕達だけが 旅をする

どこにいたって 過去も未来も 

僕達だけは 旅ができる

難しい事は よく分からない 

そんな僕らは 旅ばかりしてる

3.  染色(しみいろ)の月

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

まん丸に光る月の 下で泣いている

遠いあの頃の  幼き君を見てる

お別れは笑おうと 凛々しく言う

今こうして皆の 前で君が微笑む

 

交わす言葉は 月並みだけど 

その想いは こころに染みる

遠くの空で 同じ月を見よう

また会える その時まで

 

まん丸に光る月に 映る面影に

遙かな地に願う 幸せであるように

たとえ幾年もの 時が過ぎても

今こうして空を 仰ぎ 君を見ている

 

綴る言葉は 月並みだけど 

その想いは こころを揺らす

遠くの空で 同じ夢を見よう

また会える その時まで

 

間奏

 

交わす言葉は 月並みだけど 

その想いは こころに染みる

遠くの空で 同じ月を見よう

また会える その時まで

5.  まわり道

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

 

いろんな道があるもので 

世間じゃこの道がいいと言う

俺もお前も寄り道まわり道

通りに出てもまたすぐ迷い道

 

変わりゆく周りをよそ目に見ながら 

なにひとつ変わらない自分がいて

全て自分で選んだ分かれ道 

誰にも文句は言わせやしない

 

まわり道で行こうじゃねえか 

どうせ迷うなら胸張って

迷いついででいいじゃねえか 

こっちの水もまずかない

 

いつかは天下をとってやるさと 

息吹き上げた若き日に

あたりのことなど何気にもせず 

夢語りし声高らかに

 

どこ吹く風よと息巻いてはみたが 

己の小ささに打ちひしがれて

挫折や絶望数々あれど 

今じゃ酒に姿を変える

 

まわり道で行こうじゃねえか 

どうせ迷うなら胸張って

迷いついででいいじゃねえか 

違った景色も悪かない 

 

お前がここらで休むのならば

俺らはあそこらで待とうじゃねえか

 

まわり道で行こうじゃねえか 

どうせ迷うなら胸張って

迷いついででいいじゃねえか 

こっちの水もまずかない 

 

天風神風吹き荒れしこの大地で 

我らの胸は踊るらん

我らの胸は踊るらん

6.  ノスタルジックジャンキー

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

何言ってんだ ごちゃごちゃうるせえなあ

どうなってんだ やかましくてくてしょうがねえ

 

新聞 週刊誌 TVのワイドショウ

Oh 数字取りのヤラセ番組

 

狂喜乱舞情報 スキャンダル大繁盛

お金の成る木はどこですか

 

もうちょっと愛をちょうだいな 

もう一度本当の愛を

もうちょっと愛をちょうだいな 

今すぐ抱きしめたいよ

もうちょっと愛をちょうだいな 

ノスタルジックジャンキー

 

何だってんだい 満足できねえな

どこ行ったって ロクな奴がいねえ

 

流行 トレンド 右ならえのファッション

Oh お手々つないで同じスタイル

 

森羅万象無情 デジタル化大繁盛

背骨のある奴はどこですか

 

もうちょっと愛をちょうだいな 

もう一度本当の愛を

もうちょっと愛をちょうだいな 

今すぐ抱きしめたいよ

もうちょっと愛をちょうだいな 

ノスタルジックジャンキー・・

 

間奏

 

もうちょっと愛を・・・・ほんのちょっと愛を

もうちょっと愛をちょうだいな 

もう一度本当の愛を

もうちょっと愛をちょうだいな 

今すぐ抱きしめたいよ

もうちょっと愛をちょうだいな 

ノスタルジックジャンキー

8.  すかんぴん

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

坂道登ったら あの丘が見えた 

俺のお気に入りのながめさ

後ろ向いても ろくなことがねぇ 

お前のくちビルが恋しいぜ

 

ノスタルジックな夜の闇は 君を誘う 

すりきれそうなこの俺を 

いちもん銭で酔わせてくれ

 

飲んで 騒いで 笑って 泣いて

シャバダダッダんだ ドタバタ 

今日もすかんぴん

 

この道歩いてて お前に会った 

俺のお気に入りのダチさ

ここいら辺りじゃ ろくな奴ァいない 

シャンパンもションベンもわからねぇ

 

サイケデリックな夜の街は  君をだます

お前のスポットライト この俺が照らしてやる

 

酔って 口説いて 目覚めて はじめまして

シャバダダッダんだ ドタバタ 

そしてすかんぴん

 

間奏(友情出演 Mitsu)

 

アツアツお鍋で 今日もやってきた 

お前のとびきりのダチさ

脳みそ回しても ろくな事がねぇ 

もう一杯はんぺんでやらねぇか

 

ノスタルジックな夜の闇は 心とかす

俺のため 君のために 

いちもん銭で酔わせてくれ

 

飲んで 騒いで 笑って 泣いて

シャバダダッダんだ ドタバタ 

 

いつもすかんぴん

 

シャバダダッダんだ ドタバタ 

 

俺はすかんぴん

9.  HAPPY STRIKE

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

しゃらら そう気の利いたリズムで  

しゃらリズムで歌えばいいのに 

ワハハ とりあえずでかい声で 

アハハハハ笑うだけなのに

 

この世は渋滞だらけ 

あちらも此方もおしくらまんじゅう 

秘密の抜け道さえも 

いつの間にやら工事中よ

 

カギは持った 小銭もちょっと 

年も食った 準備は万全すぎる 

旨い話 その話乗った 

あとはカギ穴さがすだけ 

その在処は知ってるぜ!

 

間奏

 

シャバダバで 今日を切り抜けたら  

シャバダ声のする場所へ行こう

ガガガリガリさび付いた体にも 

磨き入れりゃまだ光るじゃねえか

 

とかくこの世はいつでも 

損か得かDE 勝つか負けるか

アレやコレや急きたてちゃあ 

落とし物にも気づかないでしょ

 

ガキはちょっと 後ろに並べ 

腐るほど時間 残ってるんだぜ

万が一の 一頂き  

あとは前にススムだけ 

答えが・・・

 

あじを占めた もっともっと 

派手なことを やらなきゃつまんねえのさ

恥は捨てた 昨日も夢見た

あとはド真ん中 放るだけ 

答えが待ってるぜ!

 

ハッピーストライク・・・・・

1.  Yo!

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

YO! 調子はどうだい うまくやってか 

あいつもこいつもみんな

風邪引いてねえか

 

Na! 景気がどうだ 悪いだ言ってんな

早いとこデカイ山見つけて

なんて言って もう何年たった

 

でかい すごい さすがマジで 

言われたいねえ

あれもこれもしたいけど 

いつもそこには  ぶ厚い壁が

あのたか~い山の 

テッペンってどんなん?

コートを脱ぎ捨てて 今すぐ出かけよう

 

そうだいいんだ 

これがやりたかったんだ

いっそ 現世、人生、終生そ~のまんま

 

間奏

 

So! 前に言ってた あれはどうなった

とりあえずまず段取りつけて

また電話するわ

 

Oh! なにビビってんな 

出来ないだ言ってんな

とりあえず やってみなきゃ

分かんねえぞ 絶対やるぞ!

 

さむい いたい つらい そんな顔ばっかで

あれもこれもほしいけど 

いつもやっぱ先立つもんがねえ

あのふか~い闇の 向こうってどんなん

グラサンはずしたら それが見えてきた

 

なんだそうだ それが知りたかったんだ

いっそ 現世、人生、終生そ~のまんま

 

そうだいいんだ 

これがやりたかったんだ

いっそ 愛するまんま 思いのまんま 

人生そ~のまんま

4.  かなわない

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

笑ってごまかす奴がいる 

つらい時ほど笑ってる

そんな笑顔に癒される 

あいつの強さにゃかなわない

 

元気が取り柄の奴がいる 

空気読めずのデカイ声

暗い気分に あかり灯す 

アイツの優しさにゃかなわない

 

生まれたての朝がくる 

昨日とまるでちがう朝

初めて見るものばかり 

だが君とならば怖くない

 

ガミガミうるさい奴がいる 

お節介が玉にきず

自分のことは後回し 

あいつの愛嬌にゃかなわない

 

地味で目立たぬ奴がいる 

しゃべらず騒がず出しゃばらず

いつもこの指止まってくれる 

アイツの心意気受け取った

 

生まれたての朝がくる 

昨日とまるでちがう朝

初めて感じる事ばかり 

だが君とならば怖くない

 

間奏

 

こんな小さな島国に 

生まれて恥じて馬鹿にして

よそを覗いてみたけれど 

俺んちの国にゃかなわない

 

笑ってごまかす奴がいる 

つらい時ほど笑ってる

そんな笑顔に騙されるAH 

やっぱりアイツにゃかなわない!

 

7.  ハマナス

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

サマー港町サマー 

どこへ消えたあの夏の日

とうに捨てたこの町の 

霧に煙った記憶さえ 

浮かんで消える

 

 

ブルース耳を澄ませばブルース    

何故に打ち明けられなかったのか

あいつ残したこの町の 

闇に消えた記憶さえ 

ぼんやり浮かぶ

 

 

愛善ビルの ナイトプラザでは

恋人たちが夜ごと歌で星になり

もう一度お前会えたなら

打ち明けられるはずさ きっと

ハマナスの一片の 散り行く花びらよ

 

間奏

 

サマー港町ブルース 

赤く燃えたあの夏ブルース

若すぎたあの夏の 

霧に煙る蜃気楼 

恋の港町

 

 

愛善ビルの 裏通りでは 

異端児たちが 

夜ごと浮世の花になり

もう一度お前会えたなら

約束しよう あの ころのよに

ハマナスよ咲き乱れ この町埋め尽くせ

 

間奏

 

愛善ビルは 今も残り香で

帰り人たちを迎え やがて風になり

もう一度お前会えたなら

約束しよう あの ころのよに

ハマナスよ咲き乱れ この町埋め尽くせ

10.  Arashi

 

詞・曲・うた:半片ブラザーズ

 

あぁ 時より吹く風が 

僕を惑わせる

描いた旅路の 

果てにはいったい何があるの

あぁ今日も夕暮れは 

早くおいでと急かす

さっきまでの自信が 

あかね雲に消えてゆく

 

迷いながらも僕らは  

この場所にたどり着いた

足を踏ん張って 

心折れないように 

涙が汗で見えないくらい

 

振り返るには少しまだ 

早すぎるけれど 

めくるめく季節たちを 

越えてきたんだよ

駆け抜けた幾千もの 

道の途中には 

君がいて僕がいて 

繋がっていたんだ全ては

 

あぁ 足元ばかり見て 

それでも転んで

見上げた空には 

無数の星が輝いてた

あぁ何年ぶりだろう 

こんな綺麗な夜空

懐かしいアイツに 

電話でもしてみようかな

 

悩みながらも僕らは 

この星で生き続ける

手をつなぎ合い 

抱きしめ合ったり 

時には傷つけ合ったりもして

 

諦めるには今はまだ 

もったいなすぎて 

終わらない旅はまだ 

始まったばかり

届きそうで届かない 

夢の扉は 

鍵もかけずひたすらに 

開かれる時を待っている

 

今も時は 絶えず僕らを 

見守りながら 足跡のこす

 

振り返るには少しまだ 

早すぎるけれど 

めくるめく季節たちを 

越えてきたんだよ

駆け抜けた幾千もの 

道の途中には 

君がいて僕がいて 

繋がっていたんだ全ては

  • Facebook Classic
Facebook

Copyright (c)2015  HANPEN BROTHERS  

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now